マインド・所感 保護者向け 生徒向け 練習お役立ち 顧問の先生向け

半沢直樹の特番(生放送)でとても参考になることを言っていましたね!

スポンサーリンク

半沢直樹。

昨日、無事に放送された第8話ですが、
撮影が間に合わず先週は特番(生放送)になりました。

そこで、音楽をたしなむ我々にも
とても参考になることを言っていました!

最近は中高生も観ているようなので、
こんな形でみんなに伝えました。

ブログをご覧の皆様にも、
ご参考になれば幸いです^^

【伝えた内容】

先週の半沢直樹の特番
(8話が放映できなくて生放送になったやつ)
見た人います?

大和田さん(香川照之)が
こんなこと言ってました。

「第2期では初登場で、台本には"屈辱感を"、と、
さらっと指示が書いてあるんだけど、その直前(前期)に
彼は半沢に土下座をさせられているんだから
その気持ちで台詞を言わないといけないなと思う」

スポンサーリンク

的な?(ざっくりでごめん)

ただ台本を読み連ねるだけのお芝居と、
前後関係を踏まえて自分達を演じるお芝居と
ずいぶん違うよね。

さて、音楽に置き換えてみると、

パート譜だけを見て自分のタイミングで
指示された音を出すだけの人と、

前後の役割を考えてそこでの演じ方を
イメージして発音できる人たちの
集まりだと合奏が全然違うでしょうね。

おっと。
パート譜じゃなかった。

台本は、全員の台詞が連なってますね。

僕らの世界で言うと、
スコアを見るのは当たり前の世界
なのかもしれないね。

以上です。

なにかを感じてくれたら、
明日の練習から生かしてみてね!

-マインド・所感, 保護者向け, 生徒向け, 練習お役立ち, 顧問の先生向け

© 2020 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話