保護者向け 生徒向け 練習お役立ち 顧問の先生向け

コロナ禍中の練習方針のポイントを考えてみました

スポンサーリンク

緊急事態宣言が解除され、
部活動再開も見えてきましたね。

自分の方にも、
訪問先各校の先生方から
あるいは
ブログやツイッターなどご覧いただいている方々から
今後の練習方針についてご相談を頂くことが増えてきました。

その中で、いくつかポイントになる
部分があるなと思いましたので、記事にしてみました。

1:誰もが納得できる大方針があること
どんな練習をどんな形ですればよいかは細かい話。
吹奏楽部以外の人にはわかりません笑
ここ、盲点です。
たとえば、
・活動や緊急時の報告は誰に?何を?
・活動を拡大、縮小、中止する判断
・練習前後、練習中の感染対策
・出欠は家族の価値観を優先するか否か

2:方針は、守らせるものではなく、同じ目線をもつものであること
世の中の人全員にとって、初めての事態です。
方針は、皆が不安の中、目安として掲げるもの。
意見、質問、反論は当然出るでしょう。
そんな時、
・方針はいくらでも更新できるものと捉える。守ろうとしない。
・全体的な要望は受け入れ、個人的な要望はご家族で処理していただく割り切りをする。
・困ったら、部員、保護者も立派な相談相手。集合せず相談できる連絡手段を持っておく。
など、柔軟に対処できるようにするのも大切かと。
これもある意味、判断を求められる顧問の先生の方針ともいえるかも
しれませんね。

スポンサーリンク

3:練習の進め方、場所、時間、後処理方法は具体的に
・出欠確認、明日の予定などの伝達を、集合せずにできるか
・広い空間をとって全体合奏をするのか、この時期はほかのことに充てるのか
・時間差投稿はできるのか
・新入生の部活希望者をどう受け入れるか
・楽器の貸し借りで感染リスクはないか(マッピ、リードなど)
・練習中の空調、前後の消毒

4:今後の課題について触れておくこと
・演奏の場の設定。仮でもホールを抑えておくのか
・最終学年の負担が増えないよう、早めに時期体制をつくるか
・合奏の段階的な実現
・最終学年の引退時期
・講師のスタート時期
・夏季の練習場所
・外の使用(近所の理解)

5:練習メニューや目的は最後に
上の内容を具体的にしたうえで、将来的な目標を立てて
練習メニューを組むとよいかと思います。

いかがでしょうか。

実は、
練習メニューに関する質問を一番多くいただくのですが、
考える順番としては、一番最後に。

と、お伝えしています。

その前提となる環境について、
誰もが理解できる方針を掲げたうえで、
それに沿って
現場のみんなが理解できる粒度まで具体的であること
この組み立て方が大切です。

コンクールの実績が気になり、
早くも来年に備えたい学校もあるでしょう。
もちろんそういった中で
素晴らしいメニューが開発できれば良いのですが、
あくまで
演奏するのは生徒。
そこから何かを学ぶのも生徒。
コンクールの実績が大切なのではなく、
それを実践する生徒が、
それを成長過程とする生徒の未来が
今回のことから何を学ぶのかが
より、大切ではないかと思っています。

無理をしない。させない。

ご参考になれば幸いです^^

-保護者向け, 生徒向け, 練習お役立ち, 顧問の先生向け

© 2020 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話