マインド・所感 生徒向け 練習お役立ち 顧問の先生向け

ユーフォ吹きの大敵、背後のスライド攻撃…を、 トロンボーン目線で語ってみる。

スライドアタック。

トロンボーンの前に位置するパートの方々が
恐れるかの有名なアレ。

スポンサーリンク

トロンボーンがまさに加害者になるわけですが、
実は意外と、気にしていることも多いんです。
今回はそれを語ってみます。

実は、
前にユーフォってのが多いだけで
オケだとホルン、ファゴットの場合もある。

ただ、
接触するのが肉体である方が楽器にぶつけるより
安心かもしれません?だからユーフォが一番?
かどうかは謎です笑

とはいえ、
スライドってね。
繊細なのです。

ぶつけて曲げたら
はい、練習終了。
病院(修理)行き。

だから

ぶつけるの、怖いんです笑

スポンサーリンク

なのに、音楽室など、狭くて、
スライドを動かすスペースが
取れなかったりすると
いつもひやひやしています。

でもって本番とか
いきなり広いところ行くと、

のびのび吹けーとか
言われるんですが、
普段体をちじめて吹いていると
すぐに対応できなかったり。

おまけに狭い中
楽譜もベルで塞がって斜めに見るから
時々スライドに気が行かなくなって
前の人に、ドン。

ということも。

ちなみに、
恐怖感を添えさせていただくと笑

接触するのがスライドの先端ならまだしも、
すぐそばに唾抜きがあります。
もし、接触するのがあの部分だったら…
被害甚大

というわけで、
トロンボーン吹きも
意外と、怯えている笑

ということを伝えたかったです

ご参考になれば幸いです^ ^

-マインド・所感, 生徒向け, 練習お役立ち, 顧問の先生向け

© 2020 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話