保護者向け 生徒向け 練習お役立ち 雑談・日記 顧問の先生向け

高校生にもなって練習をドタキャン?ちゃんと事情があるんです。。。

今日の内容は外部指導者向けかな。。。
高校生や顧問の先生にもご覧いただきたいですが。。

練習予定を調整していた高校生からドタキャン
されたー!

これ、指導をされている方からの
お悩みご相談で、結構あるんです。

小中学生のほうがマシだなんて、と。

確かに多いかもしれませんが。。。

いや、違うんです。ちゃんと事情があるんです。
小中の間は、先生が各所とマネジメントを
しますから、よほどのことがない限りそういったことは
起きないのですが(信じられないことに生徒のほうが
しっかりしている中学校もありますが笑)、
高校生は、大体自主活動推奨。

先生の手を離れ、自分たちで練習を組むことが多いようです。

自主的な活動なので、
調整も自分たちでし始めている、
つまり
調整の修行中な訳です。

だから、失敗もそれなりにするんです。

スポンサーリンク

なので、そんなみんなに
かける言葉は
そうか、がんばれ。
です。自分の場合^^

レッスンが生活の糧という方は死活問題に
なりかねませんけれどね、どうか冷静に。

あなたが相手をしている市場は
そう言うところです。

強豪校ほど失礼がない?
そうかもしれません。
先生の対応が行き届いているか、
やはりこういった修行が行き届き、
知見があり、本番が多ければ
経験値までもが高いのだと思います。

もし、過保護で子供にさせておらず
オトナばかり出てきて、
子供は楽器だけ頑張ればOK!
みたいなのだと卒業してから苦労しそうですけどね。。
憶測なのでこれ以上は申しませんが。。

ドタキャンされて腹を立てたり、
その学校と縁を切る前に、ちょっとまって。
その子たちの調整自体にアドバイスしてあげる
事こそが、将来のレッスン先を
育てたり増やしたりもできるのでは?

ご参考になれば幸いです。

-保護者向け, 生徒向け, 練習お役立ち, 雑談・日記, 顧問の先生向け

© 2020 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話