地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

マインド・所感 保護者向け 本番・コンクール 生徒向け 顧問の先生向け

オレ流 賞の色の受け止め方・・・

投稿日:

スポンサーリンク

コンクールの表彰式で、自分や自分のチームについて
賞の色が告げられた直後の自分の頭の中・・・・。

■ゴールド金賞!

・・・・なんで金賞取れたんだろう。。

■銀賞

・・・・やっぱり銀賞だったか。。

■銅賞

・・・・なんで銅賞だったんだろう。。

すみません。ふざけて書いているわけではありません。

賞の色がはっきりする頃には、その対象となる演奏は
既に過去の話。

そして、思った通りに演奏できなかったことなどは、
演奏直後に気づいていることも多いです。

なので、
それでも・・もしかしたら金賞になれるのか?、とか言う方向に
思考をもっていくのがあんまり自然に思えないんです。

それだけ失敗に気づいているなら、
金賞取れたら良いってことでもないのでは?
ということです。

スポンサーリンク

まさか、
よその演奏のほうがひどかったら自分たち金賞取れるかも、
という、人の失敗を喜ぶ発想を、音楽を楽しむ人間としては
好みません。

逆に、今までの中で一番いい演奏が出来たとします。
その場合は金賞取れたらうれしいな、くらいの期待を
することは別に不自然とは思いません。

ただ、結果が出たら出たで、なぜ?と考えます。
そして講評をアテにします。

なぜなら、自分たちでよいと思っていても、
講評=他人の目によって、気づいていなかったことがあれば、
それを見つけられるからです。

そして銅賞(つまり失格しなければ頂ける色)だったとき、
一つだけ、気を付けたいことがあります。

やっぱり銅賞だね、と発想し、
なぜ?の気持ちを引っ込めてしまうことです。

せっかく参加するのですから、
客観的な視点を頂けるのですから、
それを活用するくらいの意欲があってよいと思います。

つまり、成長目的の参加。

そこにポイントがないのであれば、
地元交流の場を増やすなどしたほうが、
よほど音楽を楽しめるのではないでしょうか。

そういう場だって、お客さんの反応から
学べることは多いと思いますよ?

意識さえしていれば。

参考になれば幸いです。

-マインド・所感, 保護者向け, 本番・コンクール, 生徒向け, 顧問の先生向け

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2020 All Rights Reserved.