地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

マインド・所感 生徒向け 顧問の先生向け

頑張るのは、吹奏楽?音楽?あるいは?

更新日:

この質問をすると、答えが様々で非常に面白いんです。

・吹奏楽と答える子
・音楽と答える子
・楽器と答える子
・合奏と答える子
・レッスンと答える子
・コンクールと答える子
・答えられない子(笑)

などなど。
ビジネスマン用語でよく言われる言葉を拝借するなら、
粒度が異なるんですね。

これだけ様々なのに、次のアクションが大体一緒。
それは、

先生の言うとおりに演奏できるように頑張る。

本当ですよ?
少なくとも自分がお手伝いに呼んでいただく学校は
ほぼここからスタートです。

もちろん、これは幼少期つまり小学生の方が
多い傾向があります。

でもこれ物凄く違和感があるんです。
試しに書いて可視化してみると。。。

・吹奏楽と答える子 
 →そのために、先生の言うとおりに演奏できるように頑張る。
・音楽と答える子 
 →そのために、先生の言うとおりに演奏できるように頑張る。
・楽器と答える子 
 →そのために、先生の言うとおりに演奏できるように頑張る。
・合奏と答える子 
 →そのために、先生の言うとおりに演奏できるように頑張る。
・レッスンと答える子 
 →そのために、先生の言うとおりに演奏できるように頑張る。
・コンクールと答える子 
 →そのために、先生の言うとおりに演奏できるように頑張る。

伝わりましたでしょうか。。違和感(笑)

全部、先生が言うのでしょうか。
先生を妄信しすぎです。

ご自身が好きで取り組んでいらっしゃる先生であれば、
おー!なんでもこいやー!かもしれませんし、

特に経験もなく顧問を任される先生にとっては、
こんなにカバーしなければならないの?

という感じになりますよね。

そして、自分たちが考える要素や時間が少ないことが
深刻な問題だと思っていまして、

こういう子にこういう質問をするんです。
「それで君は、どうしたいの?」

答えられない、もしくは、頑張りたいと答える(笑)

語彙力や表現力も少ないですね。。。

スポンサーリンク

こうなったときに自分が初めに行うのは、
こんな感じです。

・楽器を置く
・みんなで囲んで座る

そうです。じっくり考える時間を取るんです。
そして、

みんなが頑張りたいことって、つながりがあると思わない?
と、投げかけて、整理していきます。
またもやビジネス用語でいうところのwhyツリーかな。
なぜ?(何のために?)なぜ?(何のために?)の連続

要するにここで粒度別に整えるんですね。

今回の記事の例でいうと、

音楽をやりたい→そのために吹奏楽を頑張る。
吹奏楽を頑張るために→合奏できるようになるために、
楽器を操れるようになる。→そのため、楽器をを手にする、
レッスンを受ける。

こんな要領で。

はい。ここで唯一登場しなかったキーワードである。
「コンクールを頑張る」

どこにあてはめましょうかね?
何のために、コンクールを頑張りますかね?

こうやってみんなの考えを寄せていく。
そうすれば、コンクールでの頑張りをどう生かせるのか、
はたまた自分の学校にコンクールという手段が必要なのか
具体的になり、かつ共感ができます。

はたまた、
それは、自分が楽器をやり始めるきっかけになった
音楽へのあこがれに寄与するのか。とかも含めて考える。

一度でもこういう時間を取らないと、
皆の思いがばらばらのまま時が過ぎます。

そして考えることをしなければ、
先生の言うことを聞いていれば自分の行動は
正しいと思ってしまうし、それ以上のことを考えなかったり
自分で動くきっかけを起こしにくいと思います。

こういった方向に導く、つまり指導できると
理想的だなと思います。

昨今の吹奏楽をたしなむ子はコンクールで賞を取る=上達の証拠
みたいになっていることが少なくありません。

せっかくの活動原動力なのですから、否定することはないです。

ただ整理して考えてみて、
・自分の頑張るべきことを具体的にすること
・周りの思いを理解すること
・そのうえで自分で良しと思ったことに向けて動くこと
そのための手段としてコンクールが活かせたらよいですね。

ご参考になれば幸いです。

-マインド・所感, 生徒向け, 顧問の先生向け

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2020 All Rights Reserved.