生徒向け 練習お役立ち 顧問の先生向け

各駅列車な発音、快速列車みたいな発音 または・・

実は、私も知らなかったのですが、
友人の鉄道大好き人間の話では、(勿論例外もあると思いますが)
各駅停車する電車は加速が良く
快速列車は最高速度が高いんだそうです。

言われてみると、ああそうかなと思いますよね。

隣の駅が近ければ、
すぐに隣の駅に到着してくれる電車の方が、
最高速度が遅くても、早く着いてくれますよね。

逆に、
隣の駅が遠ければ、
区間中は速く走ってくれた方が、速く着いてくれますよね。

さて、ここで発音の話に置き換えてみます。

発車駅から次の駅までの間隔が音の間隔だと思ってください。

各駅停車の路線に快速列車を導入したら。。。。

うぃぃぃぃんとだらだら加速しているうちに到着。

各駅列車なら、スッと加速してスッと素早く到着。

スポンサーリンク

この加速が、音の立ち上がりのイメージと近いと思います。

音の間隔が短いのに、音の立ち上がりが遅れたら、
ちゃんと音になる前に、次のタイミング(駅)に向かうことに
なってしまう。
停車する暇もありませんね笑。

快速列車のような発音は、あまり使い道がありませんよ?

まして、隣のパートの人と加速スピードが違えば、
一人一人でどれだけ音程があっていても、音が重なりませんよ?

究極は、初速=最高速です笑

ここまで書いておいて何ですが、
最近の吹奏楽部は女子が多く、電車の例えは伝わらない場合が
あります。

この場合、

ウシのモーっていう鳴き声みたいな発音やめようよ!

というと、同じメッセージが伝えられると思います。笑

ピンときてくださったら、嬉しいです。

-生徒向け, 練習お役立ち, 顧問の先生向け

© 2020 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話