思うこと

学校のホームページとひずみと子供への影響

スポンサーリンク

学校のホームページってご覧になったことはありますか?

大抵、教育方針、指導方針の欄があると思います。

たまに、校長挨拶で文面が同じで写真しか
変わっていないものを見かけますが笑

この方針にどのくらい沿って活動されているんでしょうか。

例えば、よくありそうなもので言うと、

方針:自主性を育てる
実態:やる気がないのは自主性がないからだーと言われる

方針:文武両道
実態:今度のテストで点が取れないと部活停止だぞーと言われる

こんな場面、見たことありませんか?
なんだか脅迫みたい。

内容は様々でしょうが、出来ない場合に、脅すのではなく、
出来るように仕向けてゆくのが指導ではないかと。

どうも、形だけを整えて、無理やり運用させて、
何かあれば責任は回避しようとする。
このような場面をよく見るような気がします。

さらに上の登場人物ごとの視点で見ると

スポンサーリンク

学校代表者
・評判を上げたい。なんとしても成績を残せ。
 何かあった?顧問が迷惑かけてすみません。

顧問
・部活なんて見れないのに。。でも評価を残さないと。
 何かあった?みんなもっと頑張りなさいよ!

保護者
・学校でちゃんと部活やって。金賞取って。
 金賞っていいものなんでしょ?
 取れないのは顧問のせいだー(金賞=上手いという判断軸しかない)
 何かあった?学校何やってんだ。子供よもっと頑張れ。

こんな中、どの方にも抵抗できない子供たちは
どのように頑張ってゆくのでしょうね。

今回のブログは
自分には珍しく問題提起でくくっています笑

お気づきの方も、わかっているという方も多いかと思いますが、
気にしなくなったらそれこそ本当の終わりだと思い、
書き留めました。

それぞれの立場の方が、
それぞれの視点からご覧になっていただければ幸いです。

-思うこと

© 2020 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話