お手伝い

新入生に優しくするか、厳しくするか。

いよいよ新入生が入ってきますね。
進級した先輩方、楽しみですね。

今年は何人入部してくれるでしょうか^^

ただ。。。。

スポンサーリンク

一方、今年も何人かの子からこんな相談を受けました。

「先輩として、優しく接するか、厳しく接するか、迷っています」

それも、個人的な悩みの場合もあれば、学年全体としてどうするか、
話し合いが持たれている子もいました。

「あなたは、どちら派ですか?」

このように質問すると、概ねこの様な回答が返ってきます。

優しくします。
一緒に楽しく活動したいので。でも上手くなれるか心配です。

厳しくします。
そうしないと上手くなれないので。でも辞めてしまわないか心配です。

これ、答えが出ますかね?
それとも、失敗覚悟で、賭けに出ますか?

よく、見てみてください。

どうやら目的は同じみたいですよ?

スポンサーリンク

「上手くなりたい」

であれば、優しくするか、厳しくするかは、そのための手段です。
使う時と場合によるでしょう。

それよりも大切なのは、
「どうやって、上手くなるか」
「その方法を、どうやってみんなに伝えるか」

ではないでしょうか。

後輩に一律に言うことを聞かせようと思っても、
中身なくただ威圧しているだけの先輩では、
心の底からついて行ったりしませんよ?

それよりも、上手くなりたいと思って、
人一倍考えたり、努力したり。

そういう姿勢を見せていくことが
必要かも知れませんね。

それでもついて来ない子がいれば、その時初めて
優しくするか、厳しくするか。
それは、何の為か。

ということを考えていけばいいのだと思います。

熱い勧誘活動、応援しています!

-お手伝い

© 2020 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話