地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

思うこと

謝恩会でのちょっとマニアックな失敗談

投稿日:

準備万端のはずが…

小学6年、卒業生の謝恩会…
映像音楽コンテンツを流すお手伝い。

前日までに、
お店の方とセッティング確認完了。
コンテンツも揃った。

はずだった。

急遽、前日の晩。
みんなで校歌が歌えたら良いね〜
という声。

ところが音源がない。

当日卒業式で録音してきます!
と、保護者。

1コンテンツくらいなら当日でも
差し込めるので、やれるだけ
やりましょうと。

当日、いただいた録音。
演奏が唐突に始まったらしく、
前奏プラス数小節くらいの音が、ない(^^;

本番まで2時間半。

仕方ない。無い部分は作るか。

地元でよく聞く校歌だったので、
あとは必殺、
「前奏は最後の1フレーズをアレンジすれば
それっぽくなる(仮称)」
スキルを発動し、midiを使い、
コードにアルペジオだけ駆使して
さらっと作る。

さあ、録音物と合体。

あら、キーがちょっと違う。
15セントくらいかな。

midiだけをオーディオ化し、
キーを調整しながら合体。
上手くいく。
調子に乗ってほんの一瞬
クロスフェードかけて
つなぎ目をごまかす。

スポンサーリンク

よっしゃこれで行こう!
現場でもちゃんと音が出た。

…この時、過信があった。

「ピアノの音で冒頭さえあれば
みんなで歌い出して、なんとか
続けられるだろうと。」

で、本番。

実は自分はセッティングだけで、
本番のコンテンツ操作は参加者が
行なっていた。
(会費節約のため笑)

結論から言うと、大失敗orz

校歌が歌えなかったとの事。

終わった後に状況を聞いてわかったこと。
・たしかに歌い出しはちゃんと出来た。
・作ったピアノ前奏がおわり、音源が録音に切り替わった途端、何よ聞こえなくなったとの事。いわゆる生音ではなくサラウンド音なので、空間と人の声に吸収されてしまった模様。
・その場で合図が出せる、指揮が触れる人がおらず、取り戻せなかった。

そうでしたか…
力及ばずすみません…

音源が途中で聞こえなくなる事、
船頭がいないと止まる事。

改めて思い知りました…

少しだけ悔しかったのが、
参加してる子供たちの中には何人か
吹奏楽部の子達がいた事。

流石にその子たちだけでその場をなんとか…
は、難しいかもしれないけれど、
自分も混ざっていたら、一緒に
船頭役を楽しめたかもなあと。

今後に生かします(^^;;

-思うこと

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2019 All Rights Reserved.