地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

思うこと

休符の”吹き方”【動画解説あり】

更新日:

ええと、件名がおかしくない?と思われた方。
大丈夫です。どうか最後までお読みくださいませ笑

休符の後の発音が遅れる!

これ、非常によく言われるのでは?
そして、もっとリズムに合わせて!なども。。
そこは意識しているんですけれど、なかなか。。。

スポンサーリンク

という方向けのお話です。

なぜ遅れるのか

ズバリ。次の音の立ち上がりが遅いから。

立ち上がりが遅い理由なんですが。。。。
皆さん、休符が出てきたとき、どんな風に対応していますか。

例えば、裏拍。
八分休符、八分音符が交互に並んでいる場合。

うん(休符)
→トゥ(音符)
→うん(休符)
→トゥ(音符)
・・・。

こんな感じで、休符は休むアクションを取っていませんか?

発音するときは、唇またはリードを浸透させるための口の構え方が
できて、息が流れたら振動して、音が出ますよね?

なので、実は休んでしまうと、次の発音をする時に、
うん(休符)
→次の発音の構え※
→トゥ(音符)
うん(休符)
→次の発音の構え※
→トゥ(音符)
・・・。

となってしまうのではと思っています

※印のところが余計な感じですよね?

うん(休符)→次の発音の構え※

この、矢印のタイミングで、ん、という意識によって
口や体を締める(しめる)動作をしていて、
次の発音のタイミングで、
バズィングのための口輪筋を整えたり、ブレスのために
体を緩め(ゆるめ)たりという動作を再度開始するのだとすると、、

次の発音のタイミングが、発音で始まらず、
動作で始まることになるのかなと思います。

スポンサーリンク

。。ピンとこなかった方も、次の内容を試してもらえると
著者が喜びます笑。

休符が、休んでいるように見えればよいのですよね?

こう発想してみると、どうでしょう。

「なら、音楽の流れ、息の流れは止めず、発音だけしなければよい」
→バズィング等、振動させるのだけやめて、空吹き(から吹き)ればいいんです。

こんな段取りで
1:まずブレスは、一息ロングトーンのつもりで吹き続ける。
2:普通に八分音符を吹いてみる
トゥ(音符)
→トゥ(音符)
→トゥ(音符)
→トゥ(音符)
・・・。

3:休符の部分だけ、振動させるモーションを
極力崩さずに、振動しないレベルまで緩め(ゆるめ)て、
空吹き(から吹き)する。こんな感じ。

ふー(から吹き)
→トゥ(音符)
→ふー(から吹き)
→トゥ(音符)
・・・。

もちろん、表打ちで間に休符がある場合も使えます。

こうすると、次の発音のモーションが少ないだけでなく、
必要なブレスは出ているので、振動だけ作れば
音になるわけです。

補足があります。

(息を吹き続けるとき)
あとは、ロングトーンだからと言って、のんびりした
息の出し方ではなく、その曲のリズム感にあわせて、
速さや鋭さ、大きさ(量)は変化させれば、バリエーションできます。

(リズムに乗って発音することを忘れない)
発音するタイミングが、メトロノームの先を狙うなどではなく、
あくまでノリの中で行うこと。

お試しください!

動画解説あります!

-思うこと

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2019 All Rights Reserved.