地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

思うこと

初めて吹部の顧問になられる先生に向けて

更新日:

スポンサーリンク

ごめん、わからないから調べとく!
重要キーワードです。。

今回は、ご経験や自信がないまま、
初めて吹部の顧問になられる先生に向けて
エールをお送りできないかと思いお書きしました。

新任の先生方へ。

顧問が変わった直後の生徒たちがまず気にするのは
「この先生、どこまで出来るんだろう?」
かもしれません。

そして、そこに不足を感じた時、
「えー?どうするの?」
と、たちまち不安になります。
その空気は先生も感じ取れるはず。

次が大事です。

「ご自身が不安がっていることを生徒に知られたくない。」
虚勢を張る。。。Noでございます。
お気持ちはわかりますが、上記の様にすでに伝わっています。
いい意味で諦めてください。

ぜひお願いしたいのは、むしろ、
わからないことを解決して行こうとする姿勢を見せること
です。

「ごめん、わからないから調べとく!」

この言葉を堂々と発してしまって良いと思います。

先生が分かっていること>わかっていない事>どっちなのかわからない事
生徒が安心できる順番です。

こんなリアクションでも良いと思います。

・講師が来た時に積極的に質問する(生徒の前でなくても)
・その時、生徒に負けないくらいメモを取る
とか。

これ、おそらく生徒達にも言ってることですよね。

大人は理解力で勝負です。笑
その代わり、意地でも解決させてください。
(ググる、知り合いに聞く、講師を呼ぶ、など)

これを積み重ねてゆくと、
・虚勢を張った大人との向き合いがなくなり、コミュニケーションが改善する
・わかることが増えれば、そもそも自己解決できる様になる
・生徒は毎年入れ替わるので、上級生とは努力を共にする関係ができ、
 新一年生とはより頼って貰える関係を気づける

いかがでしょうか。

人間は完璧ではないです。
その部分をどうやって克服していくかを
身を以て教える事も大人の大切な役目では無いでしょうか。

例えばこんなふうに練習が進められたら。。
「ごめん自分でこれ以上言える事が無いんだけど、みんなの方から何かある?」
(生徒の力を認める)
あれば、合奏かパート練習
なければ、では講師が来た時に聞いてもらおう、と言って切り上げて、
別の曲の練習や、パート練習、個人練習を指示。
その間に先生もできることをする。
いかようにも、出来ますね。

その判断が難しい?
そんな事はないですよ?
プライドを捨てる事と、
生徒の力を信じて自分がバックサポートに回るだけです(^^

必要なのは、
「ごめん、わからないから調べとく!」
これが言える勇気です。

ご活躍をお祈りしています!
スポンサーリンク

-思うこと

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2018 All Rights Reserved.