地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

思うこと

部活動の主役は生徒?

更新日:

スポンサーリンク

今日はこんなタイトルで記事を書いていみたいと思います。

部活動の主役は生徒。当たり前でしょう?
と言う声が聞こえてきそうです。すみません^^;

ですが、私の考えとして、結論から言えば、

部活動の主役は生徒と顧問

です。

そして、

良い部活動とは
生徒、顧問が共にやりがいを感じられる場所

です。

例えば、
金賞は取るが強い顧問からの一方的な指導で生徒が疲弊している
(顧問>生徒)
生徒の自由にさせているけれど顧問の指示でまとまらない
(生徒>顧問)
顧問はプロなんだからと学校や保護者が一方的に追い込む
(学校・保護者>顧問)

このいずれも、当てはまりません。
共に頑張っているわけではないからです。

共にやりがいを感じられる場所、を考えたときに、
一つ、大切だなと思う視点があります。それは、

「自ら学んで力をつけて行くこと」

です。
これは生徒も顧問も同じ。

顧問は生徒に学ばせる、と言う態度を見せるのでは無く
自らやりがいを感じる、率先して学ぶ姿勢を見せる。

そのほうが、顧問が学んでいる姿勢を生徒に見せることができるし、
生徒も学び方がわかってゆくのでは?
と、言うことです。

そして、だからこそ。
無理やり顧問をさせる様なことはあるべきでは無いと思います。
学校側として顧問を任せる以上、意欲を持てるような
時間的配慮、学びのための支援をして頂きたいです。
まとめますと、
・部活動という空間を作っているのは生徒と顧問ですから、
彼女らが共に主役なんだと言うこと。
・その空間を良くするのに必要なことは、率先して学ぶ姿勢を
顧問が率先して作ってゆくこと
・その空間で頑張る生徒や顧問を学校や保護者がフォローすること

これが配慮されてくると理想的では無いかと
感じています。

お読みいただいている皆様の、
それぞれの立場からご覧になって、
「その他の誰かのせいにだけしている」
と言うことはないか
振り返ってみるのも必要な、大切なことかなと思います。^^
スポンサーリンク

-思うこと

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2018 All Rights Reserved.