地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

思うこと

本番当日の「置き物」の存在

更新日:

本番当日。リハーサル。
我々外部のお手伝いがすることは、なんでしょうか。

答え。
ありません。

スポンサーリンク

・・・・・・。

・・・えー、具体的に書きます笑

まずは、一人一人が気持ちを固めること

当日は、メンバー一人一人がこれまでやってきた事を振り返ったり、
イメージを整えたり、リラックスしたり。。。
そう言う時間の確保が大切です。

全体で必要なのは、先生と生徒が気持ちをまとめること

ウォーミングアップをしたり、ストレッチをしたり。
部長の掛け声でエイエイオーでもいいかもしれません。
細かいチェックもあるかもしれませんが、それは
ステージに上がる人たちで行う方が良いですよね。
そう言う時間の確保が大切です。

スポンサーリンク

さて、我々外部のお手伝いができることは?

・・・なので、ありません。笑
そもそも、当日は上記のような時間が必要ですから、
こちらが口を出さないといけない状況にならないよう、
普段の練習からサポートしていくわけです。

ただ。

先生と生徒が気持ちを整える中で、不安を感じたときに、
聞ける存在が側にいる。

何もなければ、何もしない。

そんな存在として、側にいてもいいかも知れません。

こちらからする事はありません。
向こうが何もなければ、こちらも何もしません。
ただ、その場にいる事での安心感をご提供。

言わば、お守り的な「置き物」のような存在として
そこにいる訳です。

ご参考になれば、幸いです。

-思うこと

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2019 All Rights Reserved.