地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

思うこと

行き詰った時には、「三歩進んで二歩下がる発想」で!

更新日:

スポンサーリンク

行き詰った・・・

上手くなりたい!
・・・誰だってそう思いますよね。

けど行き詰った。。

その時、
・どんな方法かを徹底的に探しているが、まだ何もしていない

・色々試しているけれど、思い通りにならない

どちらかの状態の人も多いかと思います。

前者については、まだ何もしていないので、
まあこれからという事で割愛します笑。

今日のブログで触れたいのは後者のタイプ。

色々試しているけれど、思い通りにならない?

この時のアタマの中って、こんな感じでしょうか。

1を試した→×
2を試した→×
3を試した→×
他の方法が思いつかない、見当たらない。

気持ち、わかります。。。

さて、ここからです!

ちゃんとゴールに向かって進んでいます!

「他の方法が思いつかない、見当たらない」は、
一つゴールに近づいていますよ?
それは、
「他の方法を試してみようよ」
っていう、合図だからです。
・調べる
・見る
・聞く
・試す
・相談する
試していないことは、ありませんか?
もし全てやっているとしたら、
さらに深く。
例えば、
他の誰かに、見る、聞く、相談する
他のものを、調べる
他の方法を、試す

いかがでしょうか。

それでもダメなら、「一旦戻る」

色々試して上手くいかないと、心が先に参ってしまうことも
当然あります。

その時は、発想の転換です。
今までのことは「一旦やーめた!」です笑

一つは、「振り返り」

「元々どんな状態だったんだっけ?」
→何がやりたかったんだっけ?

例えば、
・高い音が出したいのか、それとも、あるメロディをちゃんと吹きたいのか。
これ結構、似て非なるものですよ。

と言うのは、
・普段から高い音を出せるようにする
・その曲を成功させる
では、とるべき手段が変わってくることがあるからです。
本番まであと何日、と言う期日がある場合、
「即効なものを探している間に基礎的なものにも目が行き、
どちらか迷う」、みたいなことが起きるわけです。

せっかく色々探したのですから、
何かに絞っても良いかもしれません。

もう一つは、「加減」

「やり過ぎてない?」

例えば、
・圧をかけたら高い音が出るけど音が汚い
・圧をかけなかったら高い音が出ない
(金管向け)

こう言う場合は、「かけてから抜いていく」
と言う発想もあります。

「脱力が大事」って言葉、よく聞きませんか?

これは、力をかけないと言う意味ではなく、
かけ過ぎた力を適切に抜いていくと言う意味です。

三歩進んで二歩下がる発想

進まないよりは、進んだ方がいいです。
進んだ後の、対処の仕方。
今回は、これがポイントです。

進み方がわからない、と言う方。
こちらのブログもご参考になさってください^^
何が「正しいか」「正しくないか」ではなく・・・・

色々試すのは、大変なことかもしれません。
でも、どんな結果でも、
「前に進んだから、今がある」
のだと思います。

失敗は成功のもと。
どんどん進んでいきましょう!!
スポンサーリンク

-思うこと

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2018 All Rights Reserved.