年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

思うこと

前任者の想い

投稿日:

スポンサーリンク

顧問の先生が変わったことがきっかけで、4月から新しく訪れた学校。

やはり、バンドが違うと、音が、練習の文化が、雰囲気が
まるで違います。

一人一人がとても明るく、返事もよく、とにかく
元気な音を出す。自主練も率先して行う子もいる。
あとは。。。

そんな中、すでに決まっていた、あるコンクール曲。
長いこと勤められた前任の方が3年生と選んだ曲とのこと。

特徴的なわかりやすい和音で進行するファンファーレで終始し、
中間部はいくつかの雰囲気が異なるメロディが進行する。

ははあ、なるほど。

この曲を通じてどんなことをやりたかったか、
バンドを成長させたかったか、なんとなく
わかってきた気がしました。
(後日前任の先生とお会いすることができ、ほぼほぼ正解でした^^)

一人一人から、合わせることへ。
このバンドがこれから補うともっとよくなると思われるところ。

前任者の想いを受け入れながら、自分の経験を生かす。

こうすると、バンドのカラーが活かせます。
教える側の経験も豊かになります。

部活がほぼ成り立っておらず、一から立て直す必要がある場合、
自分流に当てはめるタイプの強烈な指導が効果的かもしれません。

ですが、そのバンドを活そうとした場合、
きちんとそのバンドを受け入れつつ伸ばしてゆく。
そのやり方が結果として新しいやり方、新しい体制へと変わっていき、
新しい音楽が生まれてくるのではないかなと思います。

自分の活かし方を考える良いきっかけになりました。

スポンサーリンク

-思うこと

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ