年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

思うこと

振り返りのキモ

投稿日:

スポンサーリンク

地元の吹奏楽祭がありました。
貴重なステージ経験です。

こういう節目の後は、録音などを聴き、きちんと振り返り、
次回に生かす、ということをやっていますが、この時に
とても気をつけたいことがあると思っています。

それは、出来た、出来なかった、という視点ではなく、
その理由。
「その演奏の時に、何をしたか、何があったか」

なぜ、上手くいったのか。
なぜ、上手くいかなかったのか。

です。

あの部分、うまくできたね!
またあの部分うまくいかなかったね。
あそこラッパ決まったじゃん!
ホルン、またあそこ失敗したね。

よし、また今度頑張ろう
よし、今度は気をつけよう

これだとちょっと、浅いんです。

普段の環境(教室、音楽室、体育館)とは
違うところで演奏しています。
ですが本番は、こういうところで演奏するわけですから、
ここをもう一段深く、振り返っておきます。

1:環境が変わった結果なのか
2:チャレンジして見た結果なのか
3:何も意識していなかった結果なのか

1:環境が変わった結果なのか

良くなった場合:普段の練習の仕方で良いってことです。次も大切にする。
悪くなった場合:今回の経験で、何がいつもと違ったのかを振り返り、次回に生かす。(ここがキモ)

2:チャレンジして見た結果なのか

良くなった場合:それで良いってことです。次回からはその方法に変えます。(ここがキモ)
悪くなった場合:別の方法をやって見ましょう。元に戻す、という手段もあることを忘れずに。(ここがキモ)

3:何も意識していなかった結果なのか

良くなった場合:普段の練習の仕方で良いってことです。次も大切にする。
悪くなった場合:録音を聴いて発見できて良かったですね。次はどうするか考える。(ここがキモ)

このような感じです。

振り返りのキモ

良いところを伸ばす、という言葉を良く聞きます。
好きな言葉です。
でも、
より良くしたければ、良いところは維持し、良くなるところに手をつける
これが本音じゃないでしょうか。

しんどいですが、磨けば磨くほど良くなる。
これも、年数だけは立派なお手伝いで毎年感じています。
スポンサーリンク

-思うこと

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ