年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

アマチュアだけど地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

お手伝い

お手伝い 2017/07/15

投稿日:

スポンサーリンク

今日はT中学の練習。
コンクール前としては最後の訪問。

4月に初めて会ってからはや5回目。
だいぶみんながどういう子たちなのかを掴み始めてきました。
・・・名前は未だ覚えきれず。。。ですが。

合奏は久しぶりとのことで、かなり戻っていないかと
先生心配されていましたが、思うほどではなかったですね。

それもそのはず、子供達の意識がいい意味で
とても上がってきていたようでした。

もちろん学年間の問題、部活メンバーのコミュニケーションの
問題はあるようです。どこの学校もそれなりに。

でも、これまで一人一人が自由に、という雰囲気から、
パート練習が定着し、今はセクション練習も自分たちで考えながら
動いています。

パート間での問題があったとしても、
セクションでメンバーが変化しますから、周りの見ている人が変わる。
それで自然解消したりすることもありますし。

そりゃあ、合奏への集中力も自然とできるってもんです。

朝一。
E♭Durのカデンツを聞かせてもらい、バランスを意識してもらう。
・響きを感じることができた
・実は普段より余裕を持って吹くことができた
この辺りを実感してもらうことができたと思います。
また、各パートリーダーに前に立って聞いてもらい、感想を言ってもらうことで
聞くことに集中してもらい、そういう動作を今後のパート練習に生かすように
お願いしました。
その後、一度だけコンクール曲を通して各パートに課題を持ってもらいました。

セクション練習。
朝一に意識してもらったバランスを意識してもらったり
裏打ちの練習は頭打ちも入れて行ってもらったり
音程が合わないところは即時チューナー見て修正
テンポよく出来ました。。

合奏
上記のように集中して出来てはいたのですが。。。
カーテン向こうのサッカー部の試合の行方も気になり(強豪校相手に戦ってました。)

・・・・急遽、応援のため「栄冠は君に輝く」を演奏w
これ野球じゃね?と思うなかれ。壮行会で演奏したんだそうです。

結果は負けてしまったようですが、気持ち、届きましたかね?
楽しかった。

で、気を取り戻してからの、合奏。

もう、ポイントも、やることも、伝えたつもり。

あとは、納得するまでやりきること。
頑張って欲しいです!
スポンサーリンク

-お手伝い

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ