年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

お手伝い

お手伝い 2017/07/01

投稿日:

スポンサーリンク

今日はT中の訪問日。

コンクール曲のカット箇所、決まる

いろんなものを参考にあーだこーだ。2分縮めるのって、大変です。

最後の十数秒を決める箇所を決めかねていたら、生徒から挙手が。
それいい!

で、決まり笑

なぜカットを早めに決めてしまいたかったかというと。。。
そのあとの練習について一案があったので。

上手く回る練習に着手

割と多くの学校が該当するかもしれませんが、顧問の方は、お忙しいです。
また、平日の朝や放課後は、それほど時間がありません。
こんな中、もし生徒が自主的に練習を回せたらいいですよね?

その他この学校のバンドの特徴として、一人一人は結構音が出ます。
ただ、鳴らす、というより、まだ、出す、に近い感じ。

そう。周りの音に重ねるような鳴らし方もそうですし、音程の違いに
気づくのに少し時間がかかります。

そこで、
1:毎日、曲のどこまで進めるかを決める
2:各パートごとに集まり、基礎練習の後、その箇所までに出てくる音を一つでも多く、一人一人がチューナーで合わせる。
これを、先輩が後輩をフォローして進める。
3:日々の最後に、できたら、合奏で確かめる。次の日、どこまで進むかを考える材料にする。
合奏では、指揮を見て、ダイナミクスやアゴーギグも意識するところまで持っていく。
この繰り返し。曲の最後まで進んだら、最初に戻り、細かく詰めていく。

1、3は先生が、2はパートで回せますし、シンプルなので。
また、コンクール曲だけでなく、他の曲でも同様に回します。

純正調を捨てている感じもしますが、後半、余力があるようなら、ある程度揃った状態で
ここをさらに突き詰められると思っています。今そこまで言っちゃうと。混乱するかと。

スポンサーリンク

-お手伝い

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ