年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

思うこと

音をまっすぐ伸ばす(管楽器対象)

投稿日:

音をまっすぐ伸ばしたい!

白玉(2分音符や全音符)が連なる長めに伸ばす必要があるところ。
まっすぐ伸ばしたいけれど。。。

・息が続かない
・途中で収束してしまう

学校でも個人レッスンでも、これ、非常によく聞かれます。

私「まっすぐ伸ばすためにどうしてる?」
相手「息をまっすぐ伸ばします」

さてどんなふうに行うのか見てみると、
・がっしりと楽器を構えて
・がっしりと体を固定して
息を出しています。

それだと逆なんです。。

実験して見ましょう!
・・・学校でこれやると理科の先生の気分になれます笑

1:バケツに水をたっぷりと入れます。
2:バケツを傾け、水を同じ勢いで、同じ太さで、バケツから無くなるまで注ぎます。

これだけ。

この時のバケツを持つ手に注目。

手は止まっていますか?
→実は、常に動いています。

もし、水を注ぎ始めてからバケツを動かすのを止めてしまうと、
水は細くなり、バケツに残ったまま流れが止まってしまいますね。

さて、
・バケツを、肺だと思ってください
・水を、息の流れだと思ってください。

お気づきでしょうか?

まっすぐな息を出すと言うのは、体を固定するのではなく、むしろ
常に動かしていないとできないんです。

少しずつ力を掛ける、抜いていくというコントロールが大事

そうしないと、必要以上に力んでしまったら体が動かなくなり、
肺を動かせなくなり、息が入らなくなり、音が収束してしまいます。

以前こちらのブログでも書きましたが、
“吹く弾く叩く”から”聴かせる”へ
感覚の差異がここからもわかりますよね。

ご参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

-思うこと

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ