年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

思うこと

「私はp(ピアノ)で演奏しています!」と、表現する

投稿日:

「そこピアノって書いてあるでしょ!もっと落として!」
「そんな落としたら聞こえないよ。音がしょぼい!」

・・・p(ピアノ)って、どう演奏したらいいんでしょうねぇ。。

悩む演奏者と、悩む指導者。。
難しいんですよね。演奏するのも、伝えるのも。

ピアノについての考え方は、ちょっとググれば多くの方が色んな素晴らしいアイデアを
アップされています。その方々には及ばないかもしれませんが、
「年数だけは立派な吹奏楽部お手伝い」の経験からも一つご提案できればと思います。

p(ピアノ)で演奏するのではなく、「私はp(ピアノ)で演奏しています!」と、表現する

と、言うことです。
大切なのは、
小さく演奏する音ではなく、小ささを伝えること。
我々は演者です。伝わってナンボ。

アップテンポな曲も、スローテンポな曲も、
「弱く」
で、解釈できるはずがないです。

その曲にあったp(ピアノ)を表現すれば良いかと。

「弱さ」を表現するのと、「弱く」することは異なると思います。

・「聴かせる」ことを大切に
・曲にあった、p(ピアノ)を表現することを考えて

合奏を進めて見てはいかがでしょうか。
それぞれのポイントについては別途ブログにまとめていますので、よろしければあわせてご覧ください。

“吹く弾く叩く”から”聴かせる”へ

フォルテとピアノと表現の幅

スポンサーリンク

-思うこと

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ