年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

アマチュアだけど地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

お手伝い

お手伝い 2017/02/18

投稿日:2017年2月19日 更新日:

今日はテスト明け。。。。
つまり直前1週間は部活停止期間で楽器を吹いていない、鈍った状態を覚悟するデー。

ということは十分予想できていたのですが、案の定。
いつも校庭から下駄箱に向かう間に音が聞こえてくるはずが。。。ない。
音楽室に到着したら別に吹いていないわけではなかった。

・・・まず体ほぐそうか^^;

基礎合奏、ウォームアップのための、歌練習から

コラールを、歌で。
今年の代は対応が早い。すぐに声が出る。みんな一生懸命に声を出してくれる。
・・のだけど。

低音は、地声。高音は、ささやくよう。
ハモらない。。

バランスを見直して、再度、歌う。
要するに低音をもう少し音楽的に、高音は上ではなく前に音を飛ばす感じで歌ってもらうと
いい感じにハモった。

今日のテーマは、ここで決まった感じです。このあとちょいちょい出てきます。

・ハモりの中でのバランスを意識して、一人一人が吹くフォルテと、曲の中でのフォルテの違いを体感する。

パート譜だけ見ていると、フォルテは大きく、ピアノは小さく位しかわからないが、合奏の中でのフォルテ、ピアノを
表現する際には、自分がハモりのどこを担当するのか意識して、単純な強弱ではない発音をする。ということで。

楽器でのコラール

体も温まり、歌い方、バランスも意識した上で楽器をならせたので、改善。
よしとりあえず現状回復w

パート練習

トロンボーン

ちょうどハーモニー練習を始めていたので、先ほどの基礎合奏の応用で、
自分のパートが土台なのか、重なる音なのかを確かめながらバランスを意識しながら吹いていくと、響きが増した。

サックス

狭い廊下で練習してる。。。Fdurの7番目の音とか不安定で苦労しているとのこと。
あー・・・その前に。
小さい音でも響いてしまうところで音出しているから、そもそも楽器が鳴っていない状態で音程を取っているのでうねうねしてる。

まずはしっかり鳴らそう、ということで外に移動。同じ練習をする。
そうすると、さっきはうねうねと不安定だったものが、単に音程が合っていない状態つまり並行して聞こえる形に変化した。

この状態で音程合わせないとね^^

トランペット

まず、技術室に入れない。。。3つも扉があるくせに2つがロック状態。くそー笑
リップスラーを個別にやって見てもらう。
高い音に行くほど上に力をかけて行ってしまい自分で苦しくしてしまう状態を、
高い音に行くほど前に向けて行く感じで多少改善した。。。かな?
5分しかありませんでした。。

曲練

大きく2つ。
(リズムの確認とかもしたけれど基本的すぎるので割愛。)

1:上記、今日のテーマそのもの。

基礎合奏からずっと言っていることですね。
2曲やったけれど、どちらも今日のテーマに掲げたことに取り組んでもらった。
個人技としてのフォルテから、曲のフォルテの音になるよう意識して行く。

これ、去年までは着手できなかったこと。

先行して、木管アンサンブルでは、同じ編成でメロディが出て来たときに、担当パートの
音量バランスを変えてサウンドの変化をつけるという取り組みは初めていたけれど。
これとは切り口は違うけれど、バランスを意識した取り組みではある。

・・・なんとかモノになりそう。これできるとまとまりがすごく良くなるんだよなぁ。。

2:会話、発信の時間を取る

・・・なんじゃそれ?と思うなかれ。現実です。
リアクションも返事もとても少ない今年のバンド。

代ごとの特徴は確かにあって、今年は、おとなしい。
でも、これが出来ないってのは、そういうの関係なく困るよ?僕らではなく、自分たちが。
だって、考えてることを”自分たちなりに理解している”だけで、揃っていなけば
演奏だって揃うわけないので。

で、時間をとってみると、隣の子とかパート内で話し出す。
うんうんそこからでいいから(^^
でも物足りないので少し煽ってみる。
クラとサックスで相談しなくていいのー?
パーカスと低音はー?
みたいに笑

これやった後に通すととても揃った感じになって来て、安定感も増す。

すごく大事。

なので、帰りの会でも繰り返しときました。覚えていてくれるといいなー。

なに、基本的なことです。
1:反応しましょう(わかってるんだかそうでないのかわからないので)
2:発信しましょう(会話しないとみんなが同じように思っているかわからないので)

それができると、今日のテーマにしたバランスもより精度が上がってくるでしょうね^^

その後、とあるジャズ曲のクラソロ見てほしいとのことで対応。

今日は以上です。終日練習は体力使うわーw。

余談、
・ずーっと修理中だった、2代目のバストロが帰って来た。
現行よりは音が軽いものの、鳴らしやすい良い楽器。何年振りかなあれ吹いたの。。
・大怪我(ロータリーがほぼ動かない)ホルンが帰って来た。
やっと楽しく吹けるね。よかった。
・帰り道でなぜか盛り上がった早口言葉で全く良いところを見せられずw

スポンサーリンク

-お手伝い

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ