年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

アマチュアだけど地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

思うこと

演奏とフィギュアスケート

投稿日:2017年2月4日 更新日:

最近感じてることなんですが…

楽器の演奏って、特に個人(ソロもそうだし一人一人がって意味で)は、
フィギュアスケートに似ているなと思うことが多いです。

見た目は優雅です。
でも終了後の選手はそんなにゆったりしてはいない。

演じている時にいろんなことをしているからですよね。

優雅に見せるための姿勢の維持、
アクセルなどの決め所の前の踏ん張り、
決めたあとの切り替え、
そして失敗した時の立て直し
など。

当然、そういう事が出来るような基礎鍛錬も
積んでいるでしょう。

フィギュアの演舞の見た目が
選手が演じたい事
→僕らが演奏したいイメージ

そのための体の動き
→演奏に必要な呼吸や心や体の動き

という風に重なりました自分の中では。
そのための基礎鍛錬の大切さも含めて。

とりとめもなくてすみませんが(^^;

スポンサーリンク

-思うこと

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ