地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

思うこと

昔との違いはあるにせよ。。。

更新日:

今。。。
チューナーとマイクが1人ずつある
水筒がある
エアコンがある
携帯、SNSがある
録音が機材じゃなくてアプリ笑
効果的な指導法が溢れかえっている笑

一方。。。
個人練習の時間が取れない
練習時間の延長がない
男子が少ない

基本、自分たちの経験をベースに教えたりする訳ですが、
こう言った違いを無視して同じようにと言うわけには行きません。

結局、カスタマイズとPDCA。リーマンっぽくてすみません。

スポンサーリンク

この学校の方針の軸になっているのは
自主性を持って取り組むこと(学校の指針でもある)
そして、結果としての、金。

これに沿って取捨選択、咀嚼をしながら
当てはめていくわけです。
さらに良い方法はないかと考えていくわけです。

ここ数年
スコアを見ること
自分たちで準備をすること
など指針は変わらず意識は
上がってきているように思います。

データ的に見ても、
高校に進学して音楽を続けている子が
10数年前は半分くらいかなと思いますが
今は7割くらい。

ちなみに3人が部長になってたり(^^;

続けていって欲しいものです!

-思うこと

Copyright© 年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話 , 2020 All Rights Reserved.