年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

お手伝い

お手伝い 2017/01/08

投稿日:2017年1月8日 更新日:

基礎合奏

B♭、F、Gdurのスケール、インターバル(音の跳躍)

一つ一つの音をチューナーとにらめっこしながら合わせる子供達。
すっごくデジタルw

すぐには難しいかもだけれど、あくまでイメージとしては、
スケールごとに音階のハコがあると思って、
そのハコの中の何番目の音を鳴らす、みたいな
感覚が持てるようになると狙って音が出せるよ。
1番の音は、どっしりと
7番の音は、もう直ぐ終わる感じ
あと4、5番は大切に、とか。
そのハコが動くのが転調です。
といった話をしました。

ソロコン

最近は午前練が多いので、パート練習の時間に充てていたりもします。
細かい内容は個人向けが殆どなので割愛。

それにしても。。
みんな自己採点が低いったら笑
でも、詳しく聞くと、

悪かったところだけじゃなく、良くなったところもちゃんと言えてた。

これが結構重要なんです。
悪いところなんて感覚で誰でも気付けるので。
(言葉にできるかどうかは経験とか知識もいるかもだけれど)

定演曲

最近やりだした2曲を。

最近は、見に行った時に譜面はさらえていることが多いので(すごいw)、

インテンポで通して見て曲の感じを掴んでもらい、
その中で直していく。厳しい時はテンポを落として。

のようにしてます。

色々理由はありますが、ブレスの取り方やテンションの作り方、
タンギング(ダブル、シングル)など、テンポが変わっても奏法を切り替えずに維持するとか、
どこを割り切るか、どこまでやったらテンポをどのくらいあげるかという
判断は、、生徒たちが自分でするのはとっても難しいと思うので^^;
(こちらが毎日見られるならまだしも…)

あと、こんなこともして見た。

2曲めに入る前。
時間を取り、
「1つ前の曲や、これまでにやった曲で言われたことで、この曲にでも当てはまり
そうだなーと思うことを事前に確認してみよう。スコアも必要なら見て^^」

3分で(+1分おまけして4分にしたけど)。

共通で言われること、例えば役割やハモリとか。
そういうことを定着できれば、新しい曲を一つ上達した状態からスタートできるので。

この時、2つの動きを予想してました。
1つは、少し前のTLにも書いたけれど、”分かったつもり”で、ひたすら見るだけ。
もう1つは、とにかく書いていく。

もし前者だったらモグラ叩き練習(メロディだけ立って吹いて終わったら座る)を
やろうと思っていたけれど、嬉しいことに後者でしたw

みんなすごい速さでペンが動く。塾かここはw
書くことが全てではないけれど、それはある程度やった人が言えることで。。。

当然ですが、1曲目よりいいスタートが切れました。

準備もなく楽器をひたすら鳴らすだけだと疲れて終わり、になるので、
こういう時間も普段の個人やパート練習で確保してもらうようにお願いしました。
(個人だったら家でもできるし)

その他

とある子が自主的に取り組んでいるピブラート見たり、先生とその他の曲の相談したり・・・など

あ、今年の自分自身の「吹き初め」は、廊下で「第九」にしましたw
知る人ぞ知る、オケのバストロ吹きが最も精神集中する曲の一つなのでw

スポンサーリンク

-お手伝い

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ