年数だけは立派な吹奏楽部お手伝いの話

アマチュアだけど地元中学吹奏楽部を10年以上お手伝いし何か残せればと思ったサイト

お手伝い

お手伝い 2016/12/11

投稿日:2016年12月11日 更新日:

パート練

フルート
歌い方を揃える。
…って言ったってどうすれば?って話なわけで。
パーリーに歌ってもらってみんなでそれを真似っこ。
あと、大袈裟に吹いてもらった。その方が合わせやすいので。

クラリネット
フルートと似たようなテーマ。
こっちは一二年で歌い比べをして
やはり精度が高い二年にみんながついていく感じで。

ハモり練(仮称)というのをやってみた

みんな音程とか歌い方とか大抵どの曲でも言われるわけです。
で、言われた通りに演奏して行って仕上げると。

でもそれだけだと、曲が変わるたびに同じようなこと言われてしまう訳で。

そもそもを考えて見る。

ハモった瞬間ってどんな響きになるのか、綺麗な音になるのか。

そこに関心が弱い。
それじゃ吹いてる人だけ満足になるし、自分から合わせていく力もつかない。

そこで、基礎合奏のA〜Dグループを7チームに分けて、
全チームB♭のコラールをネタにアンサンブル会をして見ることに。

やって見ると・・・

各チームの響きの違いや、
髪の毛ほどの一瞬ごとではあるが
良いバランス、響きが見える時がある。
これに気づくアンテナを持って欲しい

今日はさすがにその発見ができた子は
少数だったけれど、これが増えて、
聴く耳も、合わせて演奏する技術も
強化して欲しいと思ってます。
少しこれ続けます。

演奏会曲

通し。
冒頭のハモりや12/8拍子のノリの確認。
ホルンの使い方がとっても面白い。
9thとかしっかり響かせて欲しい。

帰りの会で言ったけれど、この時期は演奏会前で、かつ2学年しかおらず少人数。

一人一人が自分の力をじっくりつけるには、この時期が1番!

後輩が入ってくる前に綺麗な音、かっこいい音が出せるように
なって欲しいです(^^

スポンサーリンク

-お手伝い

執筆者:

ご縁をいただき地元中学校の吹奏楽部をお手伝いしているアマチュアバストロ吹きです。
<子供達が自主的に取り組み、音楽がより好きになる。>
そんな部活動になればと日々関わっています。
家族、保護者、プロや専門の方など、色々な方の力をお借りしながら、現場で子供達とあれこれ取り組みながら、
気がつけば12年目。何かを残しておければと思いブログにしてみました。

にほんブログ村 部活動指導
にほんブログ村 音楽ブログ